GALLERY KOGUREは、メディアを問わず、物事の真に迫るコンセプトと最高品質を備えた作家を国際的に紹介するギャラリー。

固有の独創性が作家の生命線であることは言うまでもないが、アーティストを選ぶ上で最も重要視するのは「Object beauty(物の存在力)」と「Super technic(超絶技巧)」「Neo-culturalism(現代カルチャーからの賜物)」である。

「Object beauty」は、美術品そのものがまず第一に揺るぎない美しさを放ち、仮にコンセプトを抜きにしてもその存在だけで人を引きつけてやまない力を持っていることである。作品に求めるのはまず美しさである。

「Super technic」は時間を惜しまない研究努力と鍛練が生む賜物であり、古美術や優れた職人技術などに興味を持って学び、細心の技巧によって表現する作家から発揮されるオリジナリティーは、決して時代に流されることはない。

「Neo-culturalism」は「Multiculturalism」から着想を得た造語。様々な文化のアートを積極的に受け入れ発表するという「Multiculturalism」の中でも、特に現代日本ならではのバックグラウンドを持つユニークで刺激的な作品に注目している。

ディレクターの小暮洋は、1985年から東京銀座の美術画廊に18年勤務し、2006年にGALLERY KOGUREを立ち上げ、キャリアは36年となる。

2006年3月東京、神田神保町に「GALLERY KOGURE」をオープン、年間10数ヶ国で展示をおこなっている。

GALLERY KOGURE is a gallery that internationally introduces artists who possess a concept that approaches the truth and create the highest quality of art.

It goes without saying that unique originality is an artist’s lifeline, but what we consider the most important in selecting an artist is his or her “object beauty” and “super technique.”

“Object beauty” means that an art object itself emits unwavering beauty and that it attracts people even without its concept. What we want from an art work before anything else is beauty.

“Super technique” is what an artist acquires by spending a lot of time on studying and training. Originality of an artist who takes interest in and learns antiques and craftsmen’s excellent skills is never carried away by the tide of time.

“Neo-culturalism” is a term coined from the idea of “Multiculturalism”. The concept was born from a desire to introduce unique and stimulating works that are a subset of “Multiculturalism”, a proactively receptive expression of the art of various cultures, but specifically featuring the distinctive background of modern Japan.

Director Hiroshi Kogure worked at an art gallery in Ginza, Tokyo for 18 years from 1985, and founded GALLERY KOGURE in 2006 in Kanda-Jinbocho, Tokyo. His career spans 36 years now. He shows exhibitions in more than ten countries every year.